池江選手の涙に感動と勇気をもらった。

未来をつくる○○日記

皆さん、こんにちは!

いつになったら終息するのか、
①猛暑 ②コロナ感染拡大 ③時代遅れの業務
に少々うんざりしている、かいです。

前日の安倍総理の辞任会見のニュース。
野党やマスコミの一部では心ないとも思える
発言や報道があるなかで、私は素直に感謝の
気持ちを持っています。今まで7年半の間、
大変だったと思いますが、身体を大事に
早期のご回復をお祈り申し上げます。

さて、身体を大事にする、ということでは、
今日とても嬉しいニュースがありましたね。
東京五輪での金メダル最有力と言われながら
病で選手生活の中断を余儀なくされた水泳の
池江璃花子選手の復帰ニュースです。

1年7ヶ月ぶりの実践とはいえ組1位の泳ぎで、
インカレ参加標準記録26秒86を突破する記録
26秒32は、さすがと言うしかありません。

「第2の水泳人生の始まり」池江選手 復帰戦で涙
白血病からの復活を目指す競泳女子の池江璃花子選手(20、ルネサンス)が29日、東京辰巳国際水泳場で開かれた東京都特別水泳大会で約1年7カ月ぶりのレースに臨んだ。女子50メートル自由形に出場し、26秒

リアルタイムでは見ることができなかったの
ですが、ニュース映像で池江選手がコーチと
涙を流す姿に心を打たれました。きっと多く
の方々にとっても、感動を与え、勇気づけら
れたのではないでしょうか。

実は、私には池江選手と同じ病で戦っている
友人がいます。学校卒業後は、とくに連絡を
とりあうまでもなく、このまま音信不通となる
関係の知り合いの一人でしたが、偶然にも同じ
夢に向かって挑戦する仲間であることを知り、
そして、同じ日にこの世に生をうけたという
こともあり、とても不思議な縁を感じています。

入院の報告を受けた時は、驚きました。ですが
完治が可能な病気です。そして、彼からは病状
回復の連絡がきています。

なぁんカッコイイこと言えんがやけど、
応援しとっちゃね。がんばられ。

と、安倍総理の時と同じ気持ちを地元の
言葉で表現してみました。

それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました